生姜の効能.com » 工事中の仮住まい

工事中の仮住まい

リノベーション中の住まいについては、まず普段の生活にどの程度、具体的な支障をきたすかが心配になってきます。

もしも、リノベーション工事の影響で、仮住まいになり、生活に支障をきたすようであれば、お子さんのいる家庭では心理的な面でも配慮が必要かと思います。


リノベーション中も住みながら生活することにおいては、リノベーションの進み具合などをリアルタイムに感じ取ることも出来るという利点もありますが、普段はリラックス出来る自宅でも、電動工具や振動、騒音、ほこりなど工事現場となって、とても落ち着けるところではありません。

在宅している人たちにとっては気がつかないうちにも、心労のタネとなってしまうことが多いようです。

リノベーションによる仮住まいは、引っ越しや手間や家賃が余計にかかることがありますが、完成したときにすっかり疲れきってしまうよりは、仮住まいなどを勧めているところなどもあるようです。

大規模なリノベーションなどは、現場の完成を待つ楽しみということもありますので、仮住まいなどが心理的にも安心です。

荷物などを一時保管するトランクルームや、通勤・最寄駅・ペット・駐車場などのリクエストなどにも答えて探してくれるところなど、お客様サポートとしているところなどもあるようです。

「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」では、プロのリノベーション業者しか加盟しておりませんので、その点は安心です。

また、リノベーションの工事中にマンションなどに仮住まいをしていたら、契約書に期間としては、「90日」と記載していたものの、いつまでにリノベーションを終わらせるなどについてはしっかりとした日付を記入してはいなかったということで、大幅に工事が遅れ1カ月も超過してしまうということもありがちです。

それでマンションの契約まで1カ月延びてしまった、というようなケースもあるようです。

業者の説明が不親切だったということもありますが、そのような想定外の費用がかからないようにすることなどが重要なことでもあるようです。

「プロに任せておけば安心」というのではなく「プロに聞けばわかる」という意識をもつことが大切になってくるようです。