生姜の効能.com » 肩甲骨を動かす

肩甲骨を動かす

肩凝りを起こすと、肩甲骨にも凝りがある場合があります。背中の上部の特に内側に凝りがあるケースが多く、また、普段まっすぐな姿勢をしている場合は肩凝りだけなのに、顔を左右に向くと内側に違和感があるという場合がほとんどです。

この場合、肩甲骨が運動不足に陥っていることが考えられます。肩甲骨の周りは多くの筋肉が存在し、頭部や背骨や腕などの筋肉を繋いでいます。例えばデスクワークを長時間すると血行に影響します。

改善方法として、胸の筋肉を刺激するのがポイントです。体の前方で両腕を保持し、前方から引っ張られるようなイメージで背中を伸ばします。また両腕は輪っかをつくるようにイメージし、両の肩甲骨の間が離れていくように伸ばします。

これは立位でも、またはデスクワークでも効果がありますので、デスクでパソコンを操作していて、ちょっとした合間を見てそのままの状態でも可能です。

肩甲骨の内側は揉むだけでも肩凝りに効果があります。肩凝りがあって、無意識に肩甲骨を触ることがある、という場合は、仰向けになってゴルフボールなどを挟んでみるのもよい方法です。

また、ストレッチは肩凝り以外にも、ダイエットや疲労、ストレスにも効果があります。実践するときの基本は、自分の視界から手が外れることです。

例えば、バンザイの動作をする場合、手は見えませんが、この時に肩周りはは大きく動いています。特にオフイスワークをされている方は、このような動作はほとんどしませんし、集中力を欠いてしまうようなイメージがあるものです。

主婦の方が家事をしている時も同様のことが言えます。しかし、バンザイするだけでもストレッチの効果がある、ということになりますから、ちょっとした工夫でもできることです。

また女性にとってはバストアップや背中のラインを引き締める効果もありますので、美容のためにも毎日取り入れる価値があります。