生姜の効能.com » バリアフリーのスロープ

バリアフリーのスロープ

バリアフリーリフォームの対策として有効なのはスロープです。スロープというのは、段差のない通路のことです。簡単にいってしまえば、坂のことですね。

坂というのはそれが連続した通路になっていて、階段のような段差がありません。ですから、階段の上り下りが不自由な人であっても、スロープならば登っていくことができます。

ですから、このスロープがよくバリアフリー住宅には用いられます。最近では駅などの公共機関でも用いられていて、階段がある一方で、スロープを設置している所も多々見受けられます。

もちろん健常者にとっては階段往訪が早く登れること、そしてスロープの方が疲れてしまうということがあって、階段を選択する人がいます。そしてスロープではこの疲れてしまうということが大切になっています。

バリアフリーリフォームをしたとしてもスロープの角度がキュすぎてしまってはそれはバリアフリーリフォームとはなり得ないでしょう。いくら階段が上れないからと言っても、それと同じような角度でスロープを造ってしまっては、元の木阿弥です。