生姜の効能.com » 副作用について

副作用について

腰痛に効くと言われているブロック注射には、直接患部へ注射をするため、副作用が無いと言われています。しかしながら針を刺すときにはやはり痛みを感じますので、厳密に言えばそれが副作用であるということは言えるでしょう。

ただし腰痛そのものの部位への注射のため、痛みがもともとあるという意味では針の傷みもほぼ無い場合が多いようです。その他には、神経障害などを起こす場合もあるようですが、しかしこちらも可能性は1パーセントにも満たないようです。

中枢神経も近い場所に針を通すことになりますので、麻痺やしびれ等が起きる危険はあるでしょうけれども、後遺症となることはほとんどなく、あっても一時的なものでしょう。

腰痛はやはり高齢者に多い症状ですが、高齢者が強い薬を過剰に受けて痴呆になったりすることがあるという話をよく聞きますが、ブロック注射はそれほど頻繁に用いるということは稀でしょう。

他にも病気がある、入院している、等の事情がある場合はブロック注射をする前に医師によく相談することが必要と思われます。

ブロック注射は痛みを和らげるためのもので、緊張した神経の興奮状態を緩和し、よい血流を促し、自然治癒力を高めると言われていますのですぐに処置したいと思われる方も多いようですが、人によっては痛みがひどくなった、などの症例も無いわけではないようですので、信頼できる医師に相談することがまず先決でしょう。

またブロック注射をするタイミングや症状には差があるでしょう、それほどの処置をする必要が無い場合に処置をしても効き目は無いでしょうし、慢性のものについてもあまり効果が無い場合も多いようです。

痛みを訴えてもそれがブロック注射に値するものなのかどうかを判断するのは医師ですので、よく症状を伝えることができるように努力することも必要と思われます。副作用はとても怖いもので、なかなか治すことは難しいものですので、処置する前の気配りがもっとも必要かもしれません。

腰椎椎間板ヘルニアの正しい治療方法