生姜の効能.com » 脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とはどのような症状なのでしょうか?名前だけみてみると、漢字が並び聞きなれない言葉で、一体どのような病気なんだろう?と思われる方も少なくないのではないでしょうか。

まず、病名にもある脊柱管という言葉ですが、これは背骨にあたります。背骨は、24個の椎骨が連なって出来ています。その24個の骨を重ねていくと、縦に管のような空洞が出来るわけです。

これが、脊柱管となります。この空洞にはとても大切な神経が通っているのです。その神経こそが、体を動かしてくれたり、感じたりする時に必要な命令や情報が行き来する脊髄神経なのです。

脊髄神経は、脊柱管におさまっており、そこから、椎骨と椎骨の間を枝分かれしていった神経が皮膚や筋肉へと繋がっています。ですから、この脊柱管が狭窄を起こすと、皮膚や筋肉へ何かしらの症状が出てくることになるわけです。

脊柱管狭窄症とは、この重要となる脊柱管が狭窄を起こし、狭くなってしまう病気なのです。脊柱管が狭くなると、そこを通っている様々な神経が圧迫され、痺れやマヒ、足の痛みなどの症状が出てきます。

この脊柱管狭窄の原因とされているのが、骨や関節、背骨を支えている靭帯の変形や、椎間板の膨隆、変形などが考えられています。また、脊柱管狭窄症の症状としては、次のようなものがあります。

歩いていると下肢に痛みや痺れがでて長い間続けて歩くのが難しくなります。これを「間欠跛行」と言います。そして、休み、休みでないと歩くことが出来なくなるようになります。

また、腰を後ろに反らす事が出来なくなったり、足に力が入らず脱力感が出てきたりもします。脊柱管狭窄症の症状が酷くなると日常生活に支障をきたす程になってきます。ですから、脊柱管狭窄症の疑いがある方は、早めの対処をお勧めします。

痛みが続くいたり、高齢者の方で腰に負担のかかる作業や生活をされている方など、早い段階で治療をしていくと、脊柱管狭窄症までに発展せずにすむ可能性がああります。

脊柱管狭窄症は大変辛い症状です。少しでも異常を感じたら、1日も早く脊柱管狭窄症に詳しい専門家のアドバイスを受けるようにして下さい。