生姜の効能.com » バリアフリーマンション

バリアフリーマンション

高齢化が進む日本では、マンションもバリアフリー対応のものが作られています。マンションというと手狭なイメージがあるかと思う方も多いと思いますが、今のバリアフリー対応マンションは、戸建てと比べ物にならないくらいまでの住環境となっています。

まず、玄関は出入りがスムーズになるように段差がほとんどないデザインになっていて、靴の着脱の支えになるようにサイドには手すりも設置してあります。

廊下は、80cmの幅を持たせ柱などがある場所でも75cmと車椅子でも楽々通れるようになっています。そして、十分な照明を保てるように明るさの対応も抜群です。足元等もあるので暗いなかでもスムーズに歩ける工夫もしてあります。

扉なども車椅子でもスムーズに通れるような幅を確保してあるので、今後の生活の変化にも対応できます。サニタリー部分もバリアフリー対応になっており、トイレは、腰掛易いように奥行きが130cm以上と広くなっています。

介護をするためには、前方または側面に50cmほどのスペースがあれば介護もしやすいのでそのためにも広い奥行きは重要です。

何かあったときのために足元部分には緊急ボタンが設置してあります。広いスペースは、浴室も同様でこれも介護がしやすくするための工夫のひとつでもあります。