生姜の効能.com » 頚椎ヘルニアについて

頚椎ヘルニアについて

頚椎ヘルニアは、その名の示す通り頚椎の椎間板がヘルニアになった状態です。この頚椎。脊柱の中で頭蓋骨を支えている七つの骨を指し人体の中でもとくに重要な神経が通っている箇所です。

この頚椎が本来あるべき個所から飛び出したり変形したりすることで神経を圧迫するのが頚椎ヘルニアと呼ばれるものの正体です。

頚椎ヘルニアの症状の特徴としては、どの箇所が圧迫を受けたかによって、痛みやしびれを感じる部位が変わってくるという点が挙げられます。

代表的なところではひどい肩こり首の痛みが挙げられますが、これも神経が圧迫される位置によって手のしびれが出て指先に力が入らなくなったり、足の裏がしびれて歩きにくくなったりします。

そうしますと、日常生活に支障が出たりする場合や、触った感覚や冷たい、熱いといった温度の感知をうまく行うことができなくなり、冷たくもないのに冷たく感じたり、触れている物が熱いことに気付かずにやけどを負ってしまうという二次的被害が発生してしまったりします。

他にも体のだるさや吐き気、めまい、ふらつきといった別の病気にかかったかのように、目の充血や目の奥の痛みのような画面の見すぎが原因のように思える眼精疲労。

また、尿失禁といった尿のコントロール障害、便秘などとてもヘルニアが原因とは思えないような症状まで今まで非常に多くの事例が報告されています。

さらにやっかいなのはこれらの病気は、似通っているケースが少なくないため、他の病気だと自己判断してヘルニアの発見が遅れてしまうことが多々あるという点です。

このような症状が長く続く場合は決して自己判断せずに、専門機関でしかるべき検査をしてもらうのが悪化を防ぐ一番の手段です。原因の早期発見、早期治療を行うために怪しいと感じたらすぐに病院へ足を運びましょう。