生姜の効能.com » 治療とブロック注射

治療とブロック注射

腰椎椎間板ヘルニアになってしまった、その後激痛にうなされることが毎日続いて困っている、などの状況になってしまうと、一時的にせよ腰椎椎間板ヘルニアの痛みだけでも緩和してもらいたい、と思うことは多いでしょう。

また、実際に医師に治療を受けてみると、ブロック注射を勧められるケースも多いでしょう。ブロック注射は神経を圧迫されることによって起こる腰椎椎間板ヘルニアの痛みを緩和させる注射です。

小さな隙間にブロック針を刺し、局所麻酔薬を注入します、また、神経をブロックするため、脳への痛みの伝達を停止させる働きがあり、その間に自然な治癒力を期待することができます。

また、腰に注射するという場合は一般的に痛みがある、と言われますが、腰への注射の前に麻酔薬を打つことが多いようですので、注射の間に痛みを覚えることはほぼないようです。

雑菌予防のために注射後に入浴を控え、また合併症を起こす危険があるため運動も禁止されています。心臓病や脳の血管に異常がある場合、アレルギー体質の場合は特に硬膜外ブロック注射は危険と考えられます。

やはり専門の医師によく相談し、病気があることを隠さずに告げることが必要でしょう。腰椎椎間板ヘルニアの腰痛の場合、痛みが引いた状態から、医師に相談しながらリハビリをすることも必要でしょう。

筋肉を鍛えていなかった、という場合にはもちろんそうでしょう。ダメージを負ってしまうほどリハビリに専念しすぎることの無いように、出来ればリハビリ専門医にも相談することが勧められます。

麻酔を打ったあとがもっとも大事ということも言われていますが、リハビリをすることで二度と痛みが起きることの無いようにするにはどうすればいいのか、等、医師と協力しあいながら進めていくことが一番よい方法でしょう。

またコルセットなどの簡易な方法を定期的に習慣つけることも腰椎椎間板ヘルニアの改善にかなり効果があるのではないでしょうか。腰椎椎間板ヘルニアの治療にはもちろんならないかもしれませんが、手術を除いてもっとも効果がある手段でしょう。