生姜の効能.com » 接骨院と学校

接骨院と学校

接骨院やほねつぎ院のリーダーシップをとる柔道整復師は国家資格の1つです。また学校で最低3年の学習が必須ですが、専門学校の数もたくさんあります。試験に合格すると、今では求人倍率が10倍という強い需要により、かなり安心して就職に臨むことができます。

従来は試験に合格した後は専門の施設で研修や修行を受けることが必要でしたが、最近は付属の施設で実践研修を用意しているところも増えています。

つまり卒業後にすぐに接骨院をやるのに役に立つ技術を習得することも可能です。接骨院だけではなく、病院のリハビリセンターや介護関係の会社など、幅広い就職求人があります。

基礎医学を学び、次にはそれを元に外傷や疾病などについて具体的な知識を学びます。また柔道整復学各論や一般臨床医学などの臨床経験が豊かな講師による教授も受けられます。

これらの通常のカリキュラム、そして多彩なセミナーを開講しているような学校もあります。現代社会には幅広いニーズがありますので、柔道整復以外の分野で興味を示すことができれば、より早いステップアップを試みるチャンスもあります。

その他には海外研修制度により、世界的に有名な中医学の最高峰と呼ばれる大学などで学ぶチャンスを得ることも可能です。

接骨院などで柔道整復師として活躍されている方は、現時点で約5万人いると言われています。また接骨院など施術をする施設の数も4万近くに登ります。

医療資格にも様々ですが、数少ない独立開業権限を持つ資格でもあります。また鍼灸などの複数の科目を受講することも可能です。最近の接骨院ではほねつぎに加えて鍼灸や指圧などを施術するところも増えています。

高齢化社会ではやはり様々な治療ニーズを習得しておくのが理想と言えます。理学療法、鍼灸と併せて資格を取得することももちろん可能です。

臨床現場に立って、はじめてわざを磨くのも1つの方法ですし、実際の施術こそ本当の力になるかもしれませんが、やはりできるだけ深い知識を得ておくことも大切です。