生姜の効能.com » 眼について

眼について

視力とは、簡単に言えば小さいものをちゃんと見分けられることができる力です。またこの数値には、メガネやコンタクトレンズなどを装着しないで見るときの裸眼、そしてメガネをかけるなどして見える矯正の2種類があります。

一般に視力といえば、裸眼のことを言いますが、眼科医の場合矯正している方を言いますので、混同しないように注意が必要です。

視力を測る際に用いる表がありますが、この中に、C型の輪がよく出てきます。真ん中のくぼみがどちらを向いているか、という問いに答えるものですが、これをランドルト環といいます。

視力2.0レベルのランドルト環を5メートル用の視力表で識別することができる方が、同じものを10メートル離れたところで読むことができれば、4.0になります。日本人の場合は世界的には平均値ですが、アフリカのサバンナの狩猟をする民族が5.0以上の数値を出したという例も現実にあります。

目が見えると思っていても、視界が普通よりも狭くなっているという例があります。これを緑内障といい、視野は徐々に減っていく傾向にあります。

例えば左側から飛び出してきた車が見えないので耳で識別しなければならず、不安に思いながら都市で生活していたり、表の大きなものは見えずらくても、1.2程度のものはすぐにわかる、というように小さいものしか見えなくなると症状も大分進行してきています。

また、両眼視機能というものもあります。この検査では、しっかりと両目で見ているかどうかを判断します。

片目を閉じた状態で右手の人差し指の左手の人差し指をくっつけようとするとずれ、また両目を開いて行えば問題がないという場合は、正常です。

矯正していない状態の視力が正常値で、緑内障の傾向もなく、両眼視も正常であるのはとても健康な状態であると言えますが、1つでも異常があれば早めに検診を受け、日常生活をより安全にすることが必要です。