[PR]


生姜の効能について

調理の際のスパイスを始め飲み物やアロマなど様々な分野で目にする生姜ですが体を中から暖めたり、ダイエットにも効果があると益々人気になっています。その効能は多岐にわたり私達の体の健康を助けてくれます。

生姜の効能.comでは効能をはじめ、生姜を使ったレシピや知らなかった活用法などを皆様にお伝えしていきます。他にも気になる美容や健康の豆知識などをお伝えしていきますので当サイトをご活用下さい。

生姜の歴史は古く、昔から薬として使われていました。これは日本だけではなく、中国やインドなどの諸外国でも言える事です。

高温多湿を好んで育つ生姜の原産はインドや中国、ジャワなどです。英名のgingerの名前の由来はインドのジンギ地方から来ていると言われています。生姜は200種類以上の辛み成分と50種類以上の香り成分が含まれています。

この成分の中には体を中から暖めて血行を良くする、胃腸を丈夫にする、咳や痰を鎮める、吐き気を抑える、脂肪を燃焼したり分解する働きを促進する、殺菌作用などたくさんの働きがあります。

使い方も摩り下ろしてしぼり汁を飲んだり、腫れや痒みがある患部に貼ったり、香りの効能を得る為にアロマオイルとして使うなどたくさんの使い方もあります。その秘められた力は今も研究が続けられていて新たな力を発見しています。

最近では花粉症に効果が見られたり、抗ガン作用も認められてガンにも効き目があることを証明しています。その中でも雑誌やメディアに取り上げられることが多い効能は体を温める効果です。

冷房が効いている場所で長時間作業を行ったり、体がいつも冷たく手足が冷えてしまってなかなか寝付けない冷え症などの悩みを抱えている人は大変多くいます。平熱が35度台の低体温と言われる人も増えてきています。

ですからこの生姜を使って体を温める方法に人気が出たのでしょう。元々、中国では手足の先を温めて血行をよくする、発汗作用もあるので熱の時に用いるなど漢方薬として使われていました。

その効果は400年以上に前に伝えられています。最近、日本で流行っている生姜紅茶という飲み物は手軽に作れるのに体が温まるとして人気になりましたが、これはまさに効能の力です。

また利尿作用もあるので体の中の余分な水分を排出してくれます。それがダイエットにもなるというのも人気になった大きな原因です。

精神を落着かせる効果も生姜には含まれていますが、これに紅茶を加える事によって相乗効果が起こり、生姜単体よりもさらに健康に良い効果を体に与えてくれるのです。生姜紅茶の作り方ですがお湯を沸かして紅茶を入れます。

紅茶はス-パーなどで売っているティーバッグで十分です。もちろん、味や香りにこだわる方はお好みの紅茶を使って下さい。洗った生姜を2センチほど摩り下ろして紅茶に入れます。

そこに黒砂糖や蜂蜜、てんさい糖などを入れます。これで出来上がりです。この生姜紅茶を朝食の時に飲みます。この時に朝食をリンゴやグレープフルーツなどの果物にするとダイエット効果も期待出来ます。

運動や食事制限などをしないところや紅茶に生姜のしぼり汁を入れるだけというこの健康法は手軽さも受け入れられて生姜紅茶が人気になったのでしょうね。生姜は体を温めて代謝を良くしますから飲み続けることで痩せやすい体を作ってくれます。

生姜は紅茶だけではなくスープや味噌汁に入れても良いですし、煮込み料理や魚料理などに使用するのも良いでしょう。味に深みを出したり、生の魚を食べる時には殺菌効果もあります。

肉や魚の臭みをとる役目も果たしてくれています。また、胃腸に刺激を与えて温める効能があるので胃腸が冷えやすく便秘になりがちな人は便秘を解消してくれるという嬉しい効能もあります。

身近で手ごろな値段で購入できる生姜は私達にとって身近な食材です。色々な料理に取り入れて生姜の持つ力を活用しましょう。

生姜の通販はこちらから

業務用の生姜はこちらから

お薦めサイトご紹介

血圧計の購入を考えている方はこちらのサイトがお勧めです。

犬との信頼関係を築く方法を具体的にご紹介しています。

すべり症の治療 ストレッチとトレーニングで治す方法を具体的にご紹介しています。

新着情報

 2017年01月09日:TOP
 2016年10月03日:頚椎を温める
 2016年10月03日:頚椎ヘルニアについて